オメガ脂肪酸は、体を構成する重要な栄養成分であり、歳とともにその量が低下してしまうことから、積極的に摂取することが推奨されています。

MENU

オメガエイドの成分

オメガエイドは

  • アラキドン酸(ARA)
  • ドコサヘキサエン酸(DHA)
  • エイコサペンタエン酸(EPA)

の3種類のオメガ脂肪酸を配合しています。

 

オメガ脂肪酸とは、脂肪酸の中でも飽和脂肪酸とは違い、体にとって良い働きをする不飽和脂肪酸のことで、ARAはオメガ6系脂肪酸、DHAとEPAはオメガ3系脂肪酸になります。

 

 

 

  • 歳をとっても知的興味が旺盛な人
  • 回転よく生活を楽しみたい人
  • いつまでも自分らしく生きていきたい

という人に人気が高い健康成分です。


 

これらのオメガ脂肪酸は、体を構成する重要な栄養成分であり、歳とともにその量が低下してしまうことから、積極的に摂取することが推奨されています。

 

厳密に言うとARAはリノール酸から、DHAとEPAはリノレン酸から合成できますが、その量はわずかで体の中で必要量を作ることができず、普段の食事から摂取しなくてはなりません。

 

ARAは、食品大手のサントリーが栄養成分のオメガ脂肪酸として、いつまでも自分らしくありたいと思う人のための健康成分として研究を重ねてきたものの1つです。
DHAやEPAと相性が良く、これらをバランス良く摂ることが大切です。

 

日本人が食事から摂取するオメガ6系脂肪酸の98%は大豆油やコーン油に含まれるリノール酸と言われていて、ARAはレバー、卵など限られた食品からしか摂取できずまとめて摂取することが難しいオメガ脂肪酸です。リノール酸から合成されますがごくわずかです。

 

DHAとEPAはサラサラとした魚油に多く含まれるオメガ3系脂肪酸ですが、DHAはサバ・マグロ・サンマ・カツオ等、EPAはイワシ等と多く含まれる魚が違うのでバランスよく一度に摂取することは難しくなっています。

 

このなかなかうまく摂りにくい3つのオメガ脂肪酸を1つの粒に凝縮させたのが『オメガエイド』です。

 

さらに長年オメガ脂肪酸を研究し続けてきたサントリーは、オメガ脂肪酸のもつ酸化されやすい油という弱点を、ビタミンEの約100倍、人参等のβ-カロテンの約10倍もの抗酸化力を持つとされる天然カロテノイドのアスタキサンチンを配合することにより改善しました。

 

アスタキサンチンを配合したことでサラサラとした良質なオメガ脂肪酸が、体に良い形のまま体のすみずみで利用されるようになっています。

 

>>他のサプリとの違いとは

 

オメガ脂肪酸の名前について、オメガ6系とかオメガ3系は二重結合がある位置になります。
オメガ(ω)はギリシャ文字で24番目、つまり最後の文字ですが、このことから派生して脂肪酸の末端から数えて3番目の位置に二重結合があるものがオメガ3系脂肪酸、6番目の位置に二重結合があるものがオメガ6系脂肪酸と呼ばれています。

 

ω-3、ω-6といった表記の他にn-3系脂肪酸、n-6系脂肪酸という表記を見かけることもあるかも知れませんが全く同じもので、一般的には生物学系表現ではω-3(オメガ)、化学系ではn-3が使われ、新聞や雑誌ではω-3、厚生労働省ではn-3系脂肪酸の表記が使われています。