アスタキサンチンの力で3つのオメガパワーがスムーズに発揮され、イキイキ、すっきりと健康生活を楽しむことができます。

MENU

オメガエイドのパワー

オメガエイドのパワーは、その名前のとおり、3つのオメガ脂肪酸であるアラキドン酸(ARA)・ドコサヘキサエン酸(DHA)・エイコサペンタエン酸(EPA)とそれをサポートするアスタキサンチンの力です。

 

オメガ脂肪酸は体の細胞を構成する大切な脂質成分であるとともに、体に良い健康成分として多くの人に認知されています。

 

お母さんと赤ちゃんバナー

ARAやDHAは赤ちゃんの発育に大切な栄養成分として粉ミルク等にも配合されています。

 

特に1歳未満の乳児は、体内でこれらのオメガ脂肪酸を合成する力が弱いために添加されていますが、わざわざ粉ミルクに配合されているということからも、体にとって重要な健康成分ということがわかります。

 

 

乳児もさることながら、ARAやDHAは60代になると体内の量が減ってきてしまいます。
したがって食事から摂っていかなければなりませんが、これを裏付けるように2015年の食事摂取基準を見てみると、オメガ3系脂肪酸の1日あたりの目安量は、18~29歳の男女に比べ70歳以上の男女のほうが多くなっていて、30代以降は若者よりも積極的に摂ることが推奨されています

 

 

元気な老夫婦

オメガ脂肪酸の中ではDHAやEPAほどは有名ではないARAですが、サントリーは体には欠かせない生体成分のARAについて研究を重ねた結果、多くの研究から健康に良い成分であることが実証されています

 

歳とともに体内での量が減少してしまうことから、いつまでもしっかりと自分らしく健康でいたいという健康志向の人には、忘れられない成分です。

 

 

DHAは青魚のサラサラ成分ですが、特定保健用食品等でも利用されるほど人気の海の健康成分です。歳をとってもずっと自分らしく生きていきたいという意識の高い人だけでなく、潤滑油のようにサラサラと人生をなめらかにすごしていきたいという人に大人気の栄養成分です。

 

EPAはイワシ等の魚のサラサラ成分で、健康のため生活改善を考えている賢い人たちの間で話題になっています。イキイキ、すっきりと健康生活を楽しみたい人にとっては欠かせない栄養成分です。

 

そしてこの強力なオメガパワーをもった3つのオメガ脂肪酸ですが、これらサラサラ成分は酸化されやすいという弱点を持っています。
酸化してしまっては、せっかくのオメガパワーもうまく発揮できません。

 

『オメガエイド』では、アスタキサンチンを配合しました。
このアスタキサンチンは強力な抗酸化作用があり、3つのサラサラ成分の酸化を防いでくれます

 

アスタキサンチンの力で3つのオメガパワーがスムーズに発揮されるのを補助(エイド)する『オメガパワー』は、まさに賢い人の選択肢として認知されていくことになるでしょう。